ウーマン

うつ病の前兆を知る!理解度を向上させ早めに心療内科へ

ストレスが原因の心の病

看護師

うつ病の症状は辛く、放置しておくとどんどん悪化する恐れがあります。症状を抑えていくには専門的な治療が必要となり、時間をかけながら回復へと導いてくれます。症状の一時的な回復や時間がかかってしまうことから、自己判断をしてしまいがちでもありますが、必ず医師の指示に従わなければいけません。

詳細へ

心の病を治す知恵

カウンセリング

うつ病は、甘えだと勘違いされることもありますが、自然治癒するとは限らないので、本格的な治療が必要になります。まず、睡眠をしっかりとることが重要です。そのためには、仕事の仕方を見直したり生活習慣を改善する努力が必要です。また、すぐに治療が終わるわけではないので、長い治療を続ける必要があります。

詳細へ

誰にでも起こりうる病気

笑顔の男性

ストレスが関係しています

気が滅入ることは誰にでもあります。しかし、その原因がなくなってもいつまでも続くようであれば、それはうつ病かもしれません。うつ病の患者でよくみられる症状に次のようなものがあります。まずは気分の落ち込みや意欲の低下、思考力の低下やイライラ、そして、不安感が募ったり悲観的な考え方をするようになるのです。これらは心の症状と考えられ、医学的には抑うつ症状と呼ばれています。さらに、うつ病患者には身体の症状を示す人も多いのです。例えば、頭痛や腰痛、睡眠障害や食欲低下、疲労感や倦怠感等が代表的な身体的症状です。うつ病は、脳内にある神経伝達物質が減少してしまうために、感情のコントロールができなくなって発症すると考えられています。私たちの脳の中には100種類以上の神経伝達物質があると言われていて、中でもセロトニンとノルアドレナリン、そしてドーパミンが減少してしまうとうつ病になってしまうと考えられているのです。そして、これらの神経伝達物質の減少には、ストレスが関係していることが解っています。要するに、うつ病はストレスがかかり過ぎることで、誰でも起こりうる病気なのです。そして、社会的にもうつ病に対する理解度が向上していますから、少しでもおかしいと感じたら、気兼ねなく早めに心療内科を受診することです。

治療に対する考え方

うつ病の治療期間は、通常3カ月から6カ月と言われています。しかし、最近では症状が長引くケースも報告されていて、長いケースでは2年を超える場合もあるのです。うつ病の治療は、心療内科でカウンセリングを受けることから始まりますが、症状によっては直ちに抗うつ薬が処方されることがあります。抗うつ薬にはいくつかの種類がありますが、どの抗うつ薬も長期間服用する必要があります。また、飲み始めて1週間後ぐらいから頭痛やめまい、下痢や便秘といった副作用が現れることも知られています。しかし、副作用が出たからと言って、自己判断で服用を中止してはいけません。副作用が強い場合には、医師に相談して薬の種類を変えてもらうようにしましょう。抗うつ薬の効果は2週間から4週間後に現れることが多いため、その事を十分に理解しておく必要があります。また、うつ病は再発の可能性が高いことでも知られていますから、症状が回復したからと言って服用を中止してはいけません。やはり、医師から治療は終了したと言われるまでは抗うつ薬を服用し続ける必要があるのです。そして、うつ病の治療には周囲の協力が必要ですから、特に家族は暖かく見守ってあげる必要があります。

適切な治療で完治する

看護師

人は身体には気を遣いますが心のケアは忘れがちです。現代はストレス社会の為よく気持ちが落ち込みます。長く続いたり心身に症状が出たりしたら心療内科に行くと良いです。心と身体と環境を総合的に考え治療してくれます。心は目に見えないだけに経過が分かりにくく不安です。しかし適切に治療すればうつ病は完治します。

詳細へ

心の病気の症状と対処法

笑顔の女の人

気分障害の一種であるうつ病は、脳神経伝達物質のバランスが崩れることで発症する病気です。イライラが続いたりなどの不快な感情が一定期間続いているのであれば、医療機関を受診したほうが良いでしょう。的確なアドバイスを受けることができます。

詳細へ