女の人

うつ病の前兆を知る!理解度を向上|ココロの靄を晴らしましょう

心の病気の症状と対処法

笑顔の女の人

こんな症状が出たら危険

うつ病とは長期的に続く抑うつ気分や、意欲や興味関心などの低下等を伴う精神疾患で、気分障害の1つとして分類されています。うつ病の原因は今のところ明確には分かっていませんが、セロトニンやノルアドレナリンといった脳内の神経伝達物質の分泌が減少すること、それと同時にストレスや環境の変化などといった様々な要因が重なることで発病するといわれています。 何もやる気が起きない、物事に集中出来ず何かを決断することが出来ない、慢性的な疲労や性欲低下、不安やイライラが続く…これらの症状はうつ病の前兆かもしれません。思い当たる点がある方は専門の医療機関への受診をオススメします。 しかし、精神科や神経科という診療科目の病院へは行くのはなかなかハードルが高いかもしれません。そういう方は家の近所にある心療内科やメンタルクリニックといった個人病院を受診するとよいでしょう。実はこれら4つの診療科目は名称は違いますが、診療内容に関しては同じなのです。従って、まずは自分が通いやすい病院を選ぶことが大切です。特に最近のメンタルクリニックは内装が綺麗で、一見したらカフェや美容院と見紛うところもあります。こういった雰囲気のクリニックだったら若い方でも通いやすく、人気があります。中には完全予約制で待ち時間も無く、他の患者さんと待合室などで会う必要がないように配慮している医院もあります。個人情報に関して不安のある方にオススメのタイプのクリニックです。

なりやすいタイプと対処法

一般的に真面目で責任感が強く、周りの人からも好印象で評価が高い人はうつ病になりやすいといわれています。このタイプの人は真面目であるが故に自分のキャパシティを越えて頑張り過ぎてしまい、ストレスを溜め込み、その結果として精神面のバランスを崩してしまうことがあります。 全てを完璧にこなそうとしすぎることなく、物事に優先順位を決めて取り掛かるなどいった工夫をして、考え方を変えていくことがうつ病を予防する上で重要です。但し、自分の考え方を変えていくというのはなかなか難しいことです。こういった面に関しても専門の医師に相談することにより、指導やアドバイスを受けられますので相談してみるとよいでしょう。 そして、治療方法について予め把握しておくことも重要です。うつ病の治療には十分な休養と薬の服用という2本の柱に沿って行われます。特に休養は大切だといわれており、主婦の方など家にいるとどうしても休めない場合は軽度であっても入院を進められるケースもあります。そして薬に関してですがうつ病の場合は抗うつ薬という薬を服用します。また時にはこの2本柱と合わせて認知行動療法などの精神療法を行うこともあります。これらは患者さんの状態などに合わせて行われますが、気になる点がある方は医師などに積極的に質問してみてもよいでしょう。